第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2017年9月16日(土)から28日(木)まで初台のNTTインターコミュニケーションセンター(ICC)東京オペラシティアートギャラリーにて開催されている第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展の報道関係者向け内覧会にブロガー枠で参加させていただきました。

Untitled

エンターテインメント部門の映画や動画、アニメーション部門のアニメ作品、マンガ部門のマンガはそもそも現地に行かなくても見られますが、作品の原画や資料なども展示されているのでファンなら十分楽しめると思います。

アート部門は実際に作品が展示されているので、ロボットやバイオなど解説をきちんと読まないと理解できない最先端のアートを実際に体感できるいい機会になるかと。

個人的に興味深かった作品を紹介していきます。個々の作品に関しての解説はサイト上に掲載されているのでそちらの内容を参照してください。

Ralf BAECKER氏のInterface I。薄暗い会場でカシャカシャと音を立てて動く作品はその不思議な動きがずっと見ていても飽きませんでした。

石黒浩氏と池上高志氏が代表の制作チームのAlter。このロボットの不可思議な動きは不気味でありながら、不思議と引き込まれるものがありました。

Benjamin MAUS氏とProkop BARTONÍČEK氏のJller。作品が何よりも大きくて非常にカッコよいです!無機質なマシンがなんとなく三途の川で石を積んでいるように見えてきてしまいました。

Ori ELISAR氏のThe Living Language Project。ペトリ皿の上にバクテリアを利用して描かれた小ヘブライ文字が青紫に光るさまは厨二病心をくすぐられました。

それとMUSIC VIDEOでSNSの話題をかっさらった岡崎体育氏も急遽内覧会に参加されていたのですが、「YouTubeで見られますよー」と言っていて案内係の方が「ここなら大きなディスプレイで見られますので!」とフォローしていたのが笑いました。「制作費6万円なのでここに展示されている作品で一番お金かかってないと思います」と言ってて、思わず納得。例のパーカー姿でとても素敵でした。

何と言っても入場無料なので芸術の秋にピッタリなイベントではないでしょうか。情報感度の高いあの子をデートに誘ってみては?

現地まで行けない方は受賞者コメント付音声アプリが期間限定で公開されているのでダウンロードして聞いてみるだけでも楽しめるかと思います。

​3月4日撮影会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

葵侑夢さん主催の撮影会に参加させてもらいました。

スタジオ貸し切りの本格的なものは初めてです。

そんなわけで現場の空気感とかもわからず初めは手探り状態でしたが、アットホームな雰囲気で初心者としては非常に助かりました。

瞬時にこの構図からこういう光の具合でとか判断できるようにものですね。また、どういうポーズをとってほしいのかモデルの方にわかり易い表現で伝えられるようになりたいものだなと痛感しました。

他の参加者の皆さんのカメラとか見てると自分も色々買い足したくなりましたが、まずは現状の装備でできるところまで極めてみたいと思います!

参加モデルの皆さん(敬称略)

ISETAN × ルパン三世 #伊勢丹のアジトに潜入せよ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

誕生50周年にもなるルパン三世と新宿伊勢丹のコラボイベントに寄ってみました。

20170225_172558

ルパン三世にちなんだコラボ商品がたくさん!

伊勢丹品質らしくかなりのお高めな感じでしたが、余裕があったら買いたいなぁと思うものもありました。

歴代のルパンの衣装が再現されていたのですが非常に洒落乙でした。まぁ普通の人が着たら似合わないんでしょうけど。

五右衛門の和装はぱっと見そんなコラボものっぽさがないのでありかもと思ったりしたけど、これまた着ていくようなとこないんですよねぇ。

初台にあるNTTインターコミュニケーションセンターで開催されているアート+コム/ライゾマティクスリサーチ展に行ってきました。

20170225_184455

会期中1回に限り再入場できるというのはいいですね。

20170225_194529

distortion[2017]

15世紀の昔から用いられているアナモルフォーズ(歪像画)という技法をモチーフとして制作されたというくだりの解説読んで理屈はなんとなく理解できるんですけど、実際の処理の流れをコマ送りしつつ解説してもらえたらなぁ。

20170225_193733

RGB|CMYK Kinetic [2015]

かなりの没入感でした。

ドラえもん KACHI KOCHI cafe

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の世界観を味わえるというドラえもん KACHI KOCHI cafeに行ってみました。

まぁまだ映画自体は公開されてないのですが...

イーストヤード4F9番地にあります。押上駅からそのまま上りのエスカレーターに乗って行けばそんな迷うこともないかと。

IMG_1673

IMG_1677

子供の頃めちゃくちゃ憧れた「畑のレストラン」をモチーフにしたパスタ。のび太の日本誕生に出てきたひみつ道具で、種を植えるとヤシの実とかカブみたいなものに育ってそれを半分に割ると中に料理が入ってるもので同世代なら誰しもがわかるはず。

ちょっとだけ子供の頃に戻れた気がします。

IMG_1682

カチコチ南極 "ドラ" イカレー。ダジャレであります。

IMG_1683

スネ夫のヘアスタイル型チョコケーキ。完全にネタ用のスイーツですな。

IMG_1676

ドラえもんマシュマロ付きイチゴミルク。

IMG_1689

ムーミンカフェみたいに持ってきてくれるわけじゃないんですけど、店員さんに頼んだらドラえもんの特大ぬいぐるみをテーブルの横に座らせてくれました。基本は子供向けみたい。

IMG_1685

形状的に頭が重いので安定感悪くてやたらと椅子から転げ落ちるので最終的にこうなりました(笑)。

ドラえもんVR

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ドラえもんVRに行ってきました。

IMG_1670

何気に一般枠の初日一番手!

通りかかった子供たちがめっちゃやりたそうにしてたけど、13歳以上しか体験できないというのは子供向けアニメなのに結構酷だよなぁと思ったりしますね...

IMG_1669

渋谷VR PARK TOKYOのSALOMON'S CARPETと同じくバックパックタイプのパソコンを背負い込むタイプなので、ケーブルのことを気にせずのび太の部屋の中を自由に歩き回れる仕組みです。

四方からセンサーで現在位置を読み取るらしく、壁に近づきすぎるとここから先は進めないよとの警告を込めて格子状の青い線が浮き上がってきてマトリックスっぽくってめちゃくちゃカッコいいです!

他のVRと違ってコントローラーを握らなくても手の動きを認識してVR上に表示してくれるのでまったく違和感ありません。手と言ってもミッキーの手袋みたいな感じですが。

まずは机の中からドラえもんが登場。

いい歳こいて「うおーーー、ドラえもーーーん!」と雄叫びをあげてめっちゃ手を振ってみたりした。ちなみにエスカレーターのすぐ横に会場があるので、なんにも知らずに通りかかった買い物客たちからしたらおかしい人と思われてたかもしれないけど、ゴーグルしてて見えないから気にしない。

プレーヤーしかいない他のVR施設とは違う点ですな。

その後はお待ちかねのどこでもドア。

ドアを開くと向こうには南極の風景が!

しかも冷たい風が吹いてきてかなりの臨場感(風が吹いてくるだけで多分冷たくはないと思うんですけど脳がいい感じに騙されてる)。ドアを通り抜けるまでは周りの風景はのび太の部屋のままなので、どこでもドア使ってる感がハンパないです。

恐る恐るドアを通り抜けて後ろを振り向くとさっきとは逆にドアの向こう側にのび太の部屋が見えます。

扉を締めてとの指示があるので実際に締めると南極でのイベント発生です。結構な臨場感。

一度のび太の部屋に戻ってドアを閉めて、再度開くとそこは電車の車両の上。ドラえもんの世界と言うよりか、007とかスティーブンセガールの映画の中に入りこんだ気分です。扉を隔ててのんびりまったりした空気感漂うのび太の部屋とスピード感満点の車両の上とまったく正反対な世界観なので、これまたどこでもドア感が凄いです。

渋谷のVRみたいに高低差のセンサーあったらこれだけで架線避けVRゲームになるなと思ったり。

ちなみに二人でプレイできるのでお互いVR上で表示されるのでそれがまたゲームの中にログインした感を高めてくれます。キャラと言っても工事現場にあるカラーコーンを逆さまにしたような物体ではありましたが。

僕がサイト見た時点では誰も予約してなかったのですが、すでに1ヶ月先まで予約がパンパンの状況のようです。無料でこれだけのハイレベルのVRを体験できる機会は他にはないと思うのでちょこちょこチェックして是非とも体験してみてください。

渋谷ジムビームハイボール横丁オープン発表会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

渋谷ジムビームハイボール横丁オープン発表会に参加してきました。

皆さんもちろんご存知でしょうけど、一応ジムビームの説明をば。

ジムビームは世界120カ国で飲まれ、世界市場シェア約41%をも占めるというバーボンウイスキーの世界的なブランドである。

会場は渋谷のちとせ会館にある肉横丁。大学生の時に飲み会で来てべろんべろんに酔っ払った思い出のある場所です。今回はその渋谷肉横丁にて2月16日(木)から2月25日(土)までの10日間だけ渋谷ビームハイボール横丁オープンします。

ブロガーとして記者会見に参加するという話だったと思うのですが、なぜかエキストラとしてステージ後方でお店で飲んでいる人としてハイボール片手に参加することになりました!

一番後ろでひっそり記者会見に参加させてもらおうと思っていたくらいなので、まさが自分が撮影される側になるなんて想像しておらず。もう少し身だしなみを整えていくんだったと激しく公開しました(´;ω;`) 普段からの心がけが重要ですねぇ。

時間ギリギリに会場入りしたため、一番後ろの観客席へと案内されました。

IMG_1639

会場は横丁をイメージした空間で、ここにいるだけでワイワイガヤガヤした感じがしてきて不思議ですね。期間限定なのにもかかわらずビームハイボール横丁の提灯が最初からすすけたような加工してあって芸が細かいなぁと感心しました。


開始時間になり、会場後方にある扉からローラさんの登場!

通路側の一番後ろに座っていたことが逆に功を奏して、いきなりローラさんと乾杯することができました\(^o^)/

司会進行はJ-WAVEなどでお馴染みのDJ TAROさん。インタビューの内容がそのまま動画がアップされいてたのでこちらを御覧ください。

位置的にインタビュー中はずっと後ろ姿を見ている形になったのですが、タイトな衣装を着ていたこともあり体を鍛え上げられている様子が伝わってきました。お尻から足先までがサイボーグかと思ってしまうほど完璧すぎなのです。インタビューでも食生活やらジムの話題を話されていましたが、本当にストイックなんだなと。

自分のお腹を眺めて苦笑。とてもいい刺激になりました。夏に向けて今から頑張らないと!

IMG_1638

ジムビームはバーボンウイスキーの中ではソフトな口当たりですし、ハイボールにしたらさらに飲みやすくなると思います。まさに肉料理にはピッタリのお酒かと。

会場でもらった資料に『ジムビームは新樽由来のポリフェノールがもたらすウォッシュアウト効果によりカツ料理(揚げ物)との相性は抜群』と記載されていたのですが検索しても詳細わかりませんでした。ウィスキーというよりはハイボールの炭酸がウォッシュアウトしてくれるというのは理解できるので深いこと考えるのはやめにします...

IMG_1651

実際に提供されているメニューを試食させて頂いたですが、個人的にはとろけるような柔らかさの山形牛の炙り寿司がオススメ。酔っ払って食べるのにはちょっともったいないくらいでした(笑)。安めの揚げ物の方がハイボールには合いますな。

酒屋に行ってみるとわかるのですが、硬派なイメージで黒いパッケージのジャックダニエルとは対象的に今のジムビームは白を基調としたパッケージが主流で今時の若者の感性にピッタリな気がします。

丁度プレミアムフライデーもあることですし、機会があったら是非とも渋谷ジムビームハイボール横丁に行ってみてください。

jimbeam_14

送っていただいた集合写真にチラッと写っておりました。

THE CHOCOLATE COSMOS by KLOKA

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

銀座三越で開催されているザ チョコレートコスモス バイ クローカ(THE CHOCOLATE COSMOS by KLOKA)に行ってきました。

IMG_1608

コスモスとは宇宙のことで、調和の取れた状態という意味もあります。反義語はカオスだと聞くと納得するかと。昔、ゲーテに関する授業でミクロコスモスとマクロコスモスの話が出てきて、聖闘士星矢のコスモ(内なる小宇宙)を燃やすってこういうことだったのかと一人で納得していたのを思い出します。

IMG_1603

IMG_1605

IMG_1609

IMG_1610

好きなものを選んでレジで注文すると、店員さんがチョコレートの宇宙から採掘してくれます。かなりの人気で毎日入れ替えているにも関わらず午前中には売り切れになっている商品もあるとのこと。

IMG_1618

発掘と包装に時間がかかりそうだったので、もうひとつの目玉企画である蛇口エリアへと。

IMG_1611

お金払うと紙コップがもらえます。つるセコなのでもちろん紙コップの限界まで注ぎましたよ!

チョコレートが出てくる蛇口、もっとドロドロしたものが出てくるのかと想像していたのですが、見た目的には普通のココアでした(笑)。ミルクムーンとエキゾチックマーズの2種類あったので両方とも飲んでみたのですが、ひとつだけ選ぶなら変わり種のスパイス効いたエキゾチックマーズかなぁ。

ちなみに公式サイトのビジュアル、盛りすぎなのではと感じました(笑)。バレンタインデー向けの催事場の一角にあったのでめちゃくちゃ騒がしかったし、この世界観にどっぷり浸れる状況ではなかったです。

PIERRE MARCOLINI 銀座本店

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

銀座にあるPIERRE MARCOLINI(ピエールマルコリーニ)に行ってきました。

IMG_1598

こちらは1日20食限定マルコリーニカレー。確かにカカオの味と香りがして不思議な体験!!

IMG_1597

キャラメル味のブリュッセルワッフルとカカオティー。

前にここのパフェ食べてその濃さに頭が痛くなったことあったので今回はマイルドそうなものを選んでみました。

セットの紅茶は自由に選べるというので、物珍しいカカオのお茶をば。香りからすでにカカオでした。

タランテッラ・ダ・ルイジ (Tarantella-da-luigi)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

白金高輪にあるタランテッラ・ダ・ルイジに行ってみました。

IMG_1318

とってもお洒落な店構え。ベリッシモ氏の『ベリッシモなおモテめし』でも紹介されていた本格的トラットリアです。

IMG_1303

ランチコースの前菜の盛り合わせ。お酒が進みそうな感じでした(笑)

IMG_1307

ピッツァがとにかく美味しいと評判だったので、まずはシンプルなマルゲリータをば。生地からして美味い!!

IMG_1309

うなぎ、茄子、トマトなど具沢山のピザも頼んでみました。これもまた絶品!

IMG_1312

デザートはチーズケーキとパンナコッタ。

店内は非常に活気があってとてもいい雰囲気です。こういうのって客層が良くないと作り出せないんですよね。

美味しい料理、おしゃれな内装、リーズブルな値段と稀有なお店だと思います。

Shake Shack(シェイクシャック) 外苑いちょう並木店

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

明治神宮外苑の銀杏並木にあるシェイクシャックに行ってみました。

外観

オープンからかなり時間が経っていると思ったのですが、今でもかなり並んでいるんですねぇ。電球が張り巡らされていて夜のライトアップ具合も気になりますね。

自転車

シェイクシャックデザインの自転車が飾られていました。

あと20歩

あと20歩!

IMG_1268

30分くらいかかってようやくレジまで到着。

IMG_1269

注文後はフードコートなどでよく見かけるブザーを渡され席で待つことになります。

ハンバーガー

ポテト

できたて!

一番オーソドックスなシャックバーガーとマッシュルームを揚げたものが挟まっているシャックスタック、そしてノーマルとチーズのせ二種類のポテトを注文。

Untitled

ケチャップとマスタードを出す機械がアメリカンっぽいデカさでちょっと興奮しました(笑)。

店内とテラス含めてそこそこ席数があるのと、みんな食べたらさっさと帰る流れだったので、どこかしらは席が空いている感じでした。

IMG_1281

銀杏並木がいい塩梅に色づいていて素敵でした。

外苑前のシェイクシャックでランチして、銀杏並木を散歩して、君の名は。に出てきた信濃町駅前の歩道橋まで行くの、今の季節にいいデートコースなんじゃないかと思います。

韓国焼肉くるむサンパ店

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

新大久保にある韓国焼肉くるむサンパ店に行ってみました。

IMG_1203

15種類もの野菜がとってもフォトジェニック!

IMG_1207

お肉は16種類から好きなものを選べます。

今回は普通のとコチュジャン味の二種類のサムギョプサルを注文してみました。

IMG_1217

おいしーー!写真見て思い出しただけでもヨダレが...

IMG_1221

サイドメニューのケランチム(ふんわりしただし巻き卵風)。本当にふわふわです。

IMG_1218

こちらもサイドメニューのサムゲタン。

IMG_1220

熱々なところを目の前でほぐしてくれました。

IMG_1224

骨があるので多少の食べにくさはあるものの、味が染みていてこれまた美味しいです。

IMG_1225

このサンチュどう考えても分量的に食べられないだろうって思ってたら、最後に残った野菜をスムージーにしてくれて合理的だなと感心しました。

行列ができるのも納得のお店でした。

久しぶりに表参道にあるドミニクアンセルベーカリーに寄ってみました。

キューバンサンドイッチ

ジョン・ファヴロー監督『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』で出てきて食べてみたいなと思っていたキューバンサンドイッチがメニューに載っていたので注文してみた。

これは美味しい!デザートだけかと思っていたのですが、料理もイケますな。

花咲くホットチョコレート

食後のドリンクに花咲くホットチョコレートというものを注文してみました。熱々のホットチョコレートの上につぼみのマシュマロをのせると花のようにふわっと広がる仕組みでした。

Creme de la Corn

これは完全にネタっぽいデザートなのですが、クレーム デュ ラ コーン(Creme de la Corn)も頼んでみました。なんとコーンの部分が本物のコーン(とうもろこし)になってる(笑)

フロレスタ高円寺店

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

高円寺にあるフロレスタに寄ってみました。

IMG_0884

どうぶつドーナツ、めっちゃ可愛いですねぇ。

お土産にも何個か買って帰りました。来月限定のハロウィンラスカルも気になるところです。

ハティフナット (HATTIFNATT) 高円寺のおうち

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

高円寺に用事があったのでハティフナットというカフェに寄ってみました。

入り口

店の入り口は子供の背丈にあわせて小さめに作ってあるらしいのですが、確かに身長の低い僕でもドアをくぐる感じでした。店内に入ってみるとホビットの洞窟に入ったような感覚になりました。

1階はレジとキッチンがあるだけのようで、手すりにつかまり急な階段をのぼり2階へと。

秘密基地って言えばこの感覚伝わりますかねぇ。少しばかり子供心を取り戻せた気がします。子供に合わせて作ってあると言われると逆に狭さもひとつの舞台装置になるし、物は言いようだなぁと思いましたね。

2階

2階の半分は古民家カフェといった雰囲気でとても落ち着いた感じです。注文する際は柱についている紐を引っ張ってくださいとのこと。これもまた味がありますな。

IMG_0851

ちなみにはしごを登った先の屋根裏部屋みたいなところにも席があるようです。スカートの女性はちょっと無理ですかねぇ。

注文頼み終わったあたりで奥の部屋からぽつぽつお客さんが帰っていったので、そちらへ移動させてもらうことにしました。

2階

壁一面にファンシーな絵が描かれていて、絵本の中に入ってしまったような感じですね。

2階

境目はこんな感じで、まったく雰囲気が変わります。

天井

天井は取っ払われていて屋根むき出しになっているので高さ的に開放感あります。

2階

お会計はテーブルに添えられている番号の書かれた木製のスプーンを1階のレジに持っていく仕組みとのこと。いろいろ芸が細かくて関心しますね。

ドリア

ランチ時だったのでとりあえずドリアを注文。

IMG_0860

デザートにはかぼちゃ君ちのモンブランと抹茶みるくを頼んでみました。

たまにはこういうメルヘンチックなカフェで時間を過ごすのもいい気分転換になるなと感じました。

雪見もちもちカフェ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

表参道に期間限定でオープンしている雪見もちもちカフェに寄ってみました。

曇っててお月見できなそうなので、雪見でもしようかと。

雪見もちもちカフェ

店内はかなり雪見だいふくをイメージした空間で好感度高かったです。2階には靴脱いで寝そべられる席があるらしいのですがさすがに混んでいたので入れませんでした。ま、ひとりでいられる空間でもないですしね。

まんまる月見うさぎ

まんまる月見うさぎ。SNS投稿割で400円とこのエリアにしては良心価格でした。

ちなみに店員のお姉さんたちがみんな激かわでした。担当の人わかってますなぁ。

タカノフルーツパーラー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

TOHOシネマズ新宿で『君の名は。』を観ることになったので、その前に腹ごしらえをばと新宿駅前にあるタカノフルーツパーラーに来てみました。

ローストビーフサンドウィッチ

まずはローストビーフサンドウィッチを注文。

こういうサンドイッチ頼むのが好きになってきたんですけど、なんだか大人になった感じしません?

ほのかなピリ辛がとてもいい。

恋姫苺のパフェ

限定メニューに弱いので恋姫苺のパフェも注文。

恋姫苺という文字列だけですでに強そう。

食べ進めるうちに「なんなんだ、これは?!」という衝撃。

具材ひとつひとつが美味しい。

むしろ単体ではそこまで主張しすぎないようにわざと力を抑えている感じすらも。

なにが凄いってそれらを混ぜても美味しさが調和されているんですよ!逆に進化すら感じるくらいに。

これがミクロコスモスかとため息が出るほどで、タカノフルーツパーラーに敬意を表したいです。

ミスター味っ子に登場する味皇は大げさすぎると子供ながらに思っていましたが、今なら味皇の気持ちもわかります。

Ti ROLANDE(ティ ロランド)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

松濤にあるティロランドが来月で閉店するとFacebookページに書かれていたので久しぶりに行ってきました。

渋谷から歩くにはちょっと離れているけど、Bunkamuraで展覧会などを見た帰りに寄るのにちょうどよかったんですよ。

IMG_0502

赤と黒(Le Rouge et le Noir)を基調としたフランスっぽさを感じられる素敵な店内で、客層も落ち着いた年齢の方ばかりでいい雰囲気です。

IMG_0486

ガレットコンプレットの特製トマトソース添え。コンプレットとは英語で言うところのコンプリートにあたるものなのですが、まさにこれぞ一つの世界と言いたくなるようなミクロコスモス的な美味しさなのですよ。

IMG_0508

バラ色の人生と名付けられたミックスベリーのクレープ。見てください、この美しさを!!

IMG_0511

こちらはメープルシロップと栗のクレープのマロンアイスクリームとシャンティイクリーム添え。秋っぽい感じですよね。

IMG_0514

閉店まで残りわずかですが、機会があったらぜひ。

ちなみに西武渋谷店の方はそのままらしいので今後はそちらへどうぞ。