思い出のマーニー漬けな一日だった。

思い出のマーニー

プリシラ・アーンさんと村松崇継さんのミニコンサート行く前に有楽町のTOHOシネマズスカラ座へと。

伏線っぽいエピソードも含みつつもこの流れで最後までいかれたら辛いかもしれないと感じながら観てたけど、中盤くらいで一気にストーリが展開してくれてとても面白かった。これぞ夏映画って感じだ。

ところどころトトロっぽさも醸し出していて、大人も子供も楽しめると思う。

プリシラ・アーン×村松崇継 ミニコンサート

その足で、思い出のマーニー×種田陽平展の会場でもある江戸東京博物館のホールへと。

透き通るようなきれいな歌声。主題歌以外にユーミンのカバーも歌ってくれて嬉しかった。

米林監督も最後に登場。てっきり会場で花束渡すのに選ばれたおじさんかと思っていてすみません...

思い出のマーニー×種田陽平展

最後に、思い出のマーニー×種田陽平展へと。
絵コンテ程度とかだと思ってたけど、マーニーの部屋とかサイロの中が実物大で再現してて満足感高かった。

OSTU(オストゥ)代々木公園店

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

代々木公園駅降りてすぐにあるイタリアンOSTUへと。

OSTU(オストゥ)代々木公園店

オストゥと言う店名はピエモンテ州の方言のオステリア(食堂)からだそうだ。

各地から届いた厳選野菜のサラダ バーニャカウダのドレッシング

前菜は、各地から届いた厳選野菜のサラダ バーニャカウダのドレッシング。見た目がとても鮮やか。

ピエモンテ州伝統の細打ちパスタ

ピエモンテ州伝統の細打ちパスタ"タヤリン"、シェフおすすめのソース。パスタというよりはアジアンヌードルな感じだ。

牛ほほ肉の赤ワイン煮ブラザート アル バローロ(Brasato al Barolo)のランゲ産ポレンタ(polenta:とうもろこし)添え

牛ほほ肉の赤ワイン煮ブラザート アル バローロ(Brasato al Barolo)のランゲ産ポレンタ(polenta:とうもろこし)添え。ほほ肉が口の中でとろけて旨みが広がっていく。

ティラミス

こんなにも美味いティラミスがあるのかと驚いた。聞いてみたところ、使っているチーズにもこだわりがあるようだ。1つ星は伊達じゃないと感じる。

ちなみのサラダ以外2人前の盛り付けなのであしからず。

今回はコースを頼んでみたが、平日ランチのパスタセットなら2,000円以下だそうなので、この値段でミシュラン1つ星の味が堪能できるのならありだと思う。なんだかんだで話のネタにもなるし。

道路渡るとすぐに代々木公園なので、帰り道は原宿までのんびり散歩するのもいい。またコンパクトかつリラックスできるイスが売りで音響がとてもいい白寿ホールが近くにあるので、イタリアンを堪能した後にイタリア歌曲を聞きに行くのもありだ。白寿ホールからの夜景もオススメできる。

社中交歓 萬來舎

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

社中交歓 萬來舎に行った。

しゃちゅうこうかんばんらいしゃ、と読むらしい。読むのも書くのもちと難しい。

場所は慶応義塾大学三田キャンパス南校舎の3階にある。一歩踏み入ると、学生あふれるキャンパスから急にワープしたかの感覚に陥る。ホテルのロビーラウンジとバー組み合わせてコンパクトにした感じと言えるかな。加齢臭と言うよりもポマードっぽい香りが漂っていた。

運営はパレスホテルとのこと。

社中交歓 萬來舎

チョコレートサンデーを頼んでみる。チョコレートをズボンに垂らしてしまったが、美味しかった。

PUFFY はじめてのBillboard Show

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

PUFFYのライブに行った。

PUFFY はじめてのBillboard Show

懐かしさで心が若返った。

ExtremeのMore Than Wordsカバーしてて、亜美ちゃんがその手の音楽好きみたいで普通に来月のSteve Vai見たいって言ってたのは面白かった。

Sweden Week in Tokyo 2014

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Sweden Week in Tokyo 2014というイベントが開かれていてスウェーデン大使館に入れるというので土砂降りの中行ってきた。

Sweden Week in Tokyo 2014

入り口からしておしゃれ感漂う。完全に北欧とおしゃれが脳内で結びついてる感あるけど。

Hallongrottor

単なる紙コップなのにおしゃれ感半端ない気が。スウェーデンのジャムクッキー、Hallongrottor(ハッロングロットル)というようです。一生披露する機会のないウンチクかもしれないけど、それもまた一興かな。

各国の大使館で行われるイベント、今後はこまめにチェックしてみようかなと思う。日本にいながらちょっとした海外気分が味わえるし。

『アラサーちゃん2』(扶桑社) 刊行記念峰なゆかさんとスプツニ子!さんのトークイベントに行ってきた。

青山ブックセンター本店内の小教室。以前イベント参加した時の部屋の半分くらいの広さだった。

トークイベントアラサー女子の「はじらう心」と「はみだす力」

アラサー女子の「はじらう心」と「はみだす力」と言うテーマだったけど、それほど関係なく逆に笑いがぽんぽん起こる内容。スプツニ子さんの話かなり笑えたけど、MITの広報の人に怒られないといいですね。

スプツニ子!『はみだす力』

スプツニ子さんにサインもらいました。

スプツニ子さん、初めは誰かが貼り付けたYouTubeで名前知って、ICCのアノニマスライフって展示で作品見たけど、本人自体の印象は人工知能学会の話で焼き付けられてた感あったので、サインもらう時に印象変わりましたと伝えたら「そう言われても複雑な心境ー」って反応でした。


Short Trip Concert vol.1

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Short Trip Concert vol.1に行ってきた。

Short Trip Concert vol.1

場所は松濤にあるカフェ・タカギクラヴィア。スタインウェイがあるカフェとか松濤じゃないとないですよね。我々ドイツ文学専攻に馴染みのあるクラヴィーアというドイツ語もグッドです。

こじんまりした空間でチェロとピアノの音色を聴くのもたまにはいいもんですね。

ブルーインパルス

店を出た瞬間、ブルーインパルスが渋谷の上空を滑空して行って非日常感があった。SAYONARA国立競技場の企画だったんですね。

防衛省のご協力により、1964年の東京オリンピック開会式にて、日本中を大きな感動と歓声の声に包んだブルーインパルスが最後の国立競技場の上空で再び、華麗なフライトを披露していただきます。50年前の勇姿をご覧になった方も、今回初めてご覧になる方も、国立競技場のスタンドから、その姿を目に焼き付けるとともに、「夢・感動」を味わってください。