キャピタリズム マネーは踊る (CAPITALISM:A LOVE STORY)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

キャピタリズム見てきました。

マイケル・ムーア氏、今回が初来日だそうです。

場所は、日暮里ラングウッドホテルです。

会場に着いてみると、連合というだけあっておっさんばっかりです。まぁ僕ももう若くないですが。

映画のネタバレするのも野暮かと思うので、軽く興味の引きそうな点だけ書いておきますね。

  • 立ち退きの現場。
  • 社員の死亡率を計算しながら保険をかける会社。死んでくれるのが一番会社にとって利益になる。
  • ゴールドマンサックス政府。
  • 突然解雇される工場社員と大統領まで巻き込んだその後の顛末。

最後への庶民の反乱への流れは、アジの持っていき方がうまいなぁと思いましたね。

マイケルムーア

動画のエンコードとアップロードに一日かかった...。最初からデジカメで10分ごとに別ファイルにしておけば良かったと後悔。アナログなテクニックですが。

日本語のサブタイトル「マネーは踊る」、英語に再度翻訳したら理解不能とのこと。「マネーは踊らないよと、ラリってるやつくらいじゃない、そんなこと言うの」とマイケルムーアからつっこみが入っていました。

会議は踊るから来てるのかな、こういう踊るってタイトルつける習慣。ドイツ語だとこういう表現(Der Kongreß tanzt)ありなんですよね。

リップサービスのつもりだと思うんですけど、「妻がレクサス乗っているけど最高だね」って言ってたけどそこはスーパーカブ乗っているよと言うべきだよなと思いましたね。

マイケルムーア監督のインタビュー動画はこちらからどうぞ。
http://democracynow.jp/submov/20090924-1/

TOHOシネマズシャンテで先行上映されるようです。1/9から全国の劇場でも公開されます。

興味深い作品なのでよかったら観に行ってみてください。